フォト

他のアカウント

無料ブログはココログ

« 【技術】デジタル・ゼラチンシルバーモノクロームプリントはすごい | トップページ | 9月11日のツイート »

2012年9月11日 (火)

【ゴルフ】トンボにドライバーの打ち方を教わった:石岡ゴルフ倶楽部

10日の月曜日は急遽有休をとって、ゴルフから麻雀のマラソン企画に参加。

朝5時1分の丸ノ内線始発に乗って銀座まで行って、5時30分八重洲ブックセンター前でピックアップ。
あれやこれやがあって、家に帰ってきたのは、23時回ってました。
体力がないと遊びも勝てませんね。

さて、ゴルフですが、石岡ゴルフ倶楽部は、去年の4月11日の地震帰りの日以来。

関連エントリ:自己ベスト達成:石岡ゴルフ倶楽部

この時は当時の自己ベスト92を出して喜んだ帰りに、最大規模の余震にあったんでした。

さらに更新と意気込んでやってきたわけですが、スタートが7時50分台と早めなので、充実の練習場をゆっくり味わう時間に到着できなかったのが残念です。
それでも1かごだけ、無料のうえにタイトリストの本球が打てるレンジでドライバーを入念に。
アプローチ練習場も少々。パットは相変わらずグリーンがしっかりと早いのを確認。

同組が1名寝坊で遅れて3名でのスタート。

前半はOUT3118ヤード

1.パー4 ▲(2)Dが右に出て林の手前ラフ。残り100yが届かず、アプのショートで2パット。
2.パー5 +4(1) Dが右隣りのホールでロスト扱い。4打目をグリーン左のバンカーに入れたらば、ふかふかの砂で出ない。結局3回かかって8オン。
3.パー4 ▲(1) 右が池の短いミドル。3Wでうつもスライスして池の淵。7Iで打ったら、池で跳ねて向こう岸へ届いて池のヘリ。力任せに打ってグリーンオーバーしてエッジから寄せワンボギー。
4.パー3 ー(2) 8Iでグリーン左5mにオン。2パットパー。
5.パー5 ■(2) Dが左隣りのホールへ。林が開いていた方向はクリークがフェアウェイを横切っているのだけど、無理を承知でUTでクリーク超えを狙う。ナイスショットしたけど葉っぱに触れたぶんショートしてクリークへイン。ワンペナでクリーク手前から約200yをUTで花道まで打って、アプが寄らず2パットダボ。
6.パー4 +3(2) Dがやっとフェアウェイへ。6Iがグリーン右のブッシュへ。出そうにないのでアンプレヤブルにして、54度で手前から打つもだるま落としで届かず5オン。
7.パー4 ■(2) Dが右隣りホールへ。5Iで林から出すもバンカーへ。バンカーから5Iでうまく打てたけどグリーン手前。Pwで転がすも寄せ切れず2パット。
8.パー3 +3(2) 5Iを打ち損ないグリーン右手前からアプをシャンクしてバンカーへ。ホームランしてもう一度寄せて2パット。
9.パー4 ▲(2) Dがナイスショット。6Iはトップ。寄らず2パット。

前半はパー1、ボギー3、ダボ2、+3が2、+4が1の53(16パット)。

前回47で回っているOUTでしたが、ドライバーが隣のホールだらけ。
林でセパレートされているので、1打罰は確実。さらにグリーン周囲や所々にあるブッシュがプロ仕様なのか、入ったらばアンプレヤブルにしないとどうしようもない長さと密度で、さらにラフも夏はしっかりしています。

春先とはコンデションが違うということでしょうか。

それでも同組ではトップなのですから、皆さん悪かったわけで。
それでも、このスコアでは三桁会会長の甲高い笑い声が幻聴のように……。

お昼別ですが、ここは生ビールを久しぶりに奮発し、スパイシーカレーで気合を入れます。
三桁会ご入会だけは避けたい。午後は46を目指します。

午後は去年45だったIN 2963ヤード。
短いだけにトリッキーなホールが続きます。

1.パー4 ◯(1)Dがフェアウェイキープ。残り140を7Iで5mに2オン。ややスライスを決めてバーディ発進。
2.パー5 ▲(2)Dがまたも右。5Iで出して4Wで残り80y。54度で2.5mに4オン。上りのぶん勢いが足らずカップにボールがかかりながら寸止めでボギー。
3.パー4 ■(2)Dを打とうとしたらば右膝にトンボが止まる。逃げないのでそのまま打ったらば、これがナイスショット。しかも打ったあとも膝にトンボが止まったまま。54度が引っかかって左バンカーへ。出して、寄せての4オン2パットダボ。

このトンボはカートに乗ってもそのままだったのですが、どうも足が繊維に絡んだらしく、取ってやると飛んで行きました。でも、これで、右膝を残すイメージで打つようにすると、このあとドライバーが劇的に良くなります。

4.パー3 ▲(1)9Iで左バンカーへ。ホームランして寄せなおしワンパットボギー。
5.パー4 +3(4)Dが240yショット。8Iでグリーンエッジ。8Iで転がすも3m.ところがここから行ったり来たりで4パット。
6.パー4 +3(3)Dが左に真っ直ぐでラフ。UTが引っかかって左バンカー。届かず、寄らず3パット。
7.パー5 ◯(1)Dが正面バンカー超のナイスショットもややラフ。グリーン手前にクリークが横切る短いロングで残り210y。4Wで狙ってナイスショットは花道へ。8Iで転がして3.5m。やや下りのストレートラインを最後の一転がりが届いてバーディゲット。
8.パー3 ▲(1)6Iでドロー気味に打ったつもりがフックして左バンカーの縁。上から叩きつけるように打ったらばうまく出てグリーンエッジ。寄せてワンパットボギー。

ここまでで後半9オーバー。
最後ダボを打つとご入会です。

9.パー4 ▲(2)Dは渾身のトボショットのつもりが右へすっぽ抜け。ところが木にあたって跳ね返ってきてフェアウェイセンター。残り250yくらいあるので4Wで近づけて残り50y。54度で7mに3オン。これが2パットでOK。1mに寄せて何とかボギー。

後半はバーディ2,パー0,ボギー4,ダボ1、+3が2の46(17パット)

結局、53-46の99(33パット)

後半4パット、3パットがあるのにパット数が17で済んだように、今回はパットが良かったです。
ラウンドパット数33は今年に入って最小です。
前回の石岡も32パットだから、パットの感触があっているのかもしれませんね。

Dがとっちらかったのを4Wとパターで救ったラウンドでした。

バンカーに入れてはいけないコースなのに6回入れているし、しかもうまく出せてません。
こういうちゃんと砂の入ったバンカーでは、やっぱりサンドウエッジがないと苦しい。
このところバンカーでうまくいっていたので図に乗ってました。
コースに合わせたセッティングが必要ですね。


本日のスコア。
ストローク: 99
パット数: 33
フェアウェイキープ率:42%
パーオン率: 16%
ボギーオン率: 27%

フェアウェイキープが6/14ホール
パーオンが3/18ホール。
ボギーオンが5/18ホール。

パーオン3回でパー1つ、バーディ2つは頑張りました。


2012年15回目のラウンドでした。
平均ストローク:99.80(↑)
平均パット数:37.73(ホール当たり2.10)(↑)
フェアウェイキープ率:32%(↑)
パーオン率:22%(-)
ボギーオン率:34%(-)

GDOハンデ 23(-)

なんとかかんとか、100が切れました。

« 【技術】デジタル・ゼラチンシルバーモノクロームプリントはすごい | トップページ | 9月11日のツイート »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【技術】デジタル・ゼラチンシルバーモノクロームプリントはすごい | トップページ | 9月11日のツイート »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

  • Twitter